音色、声色

ギタリストがエフェクターを咬まして
様々な音色を演出するように 声にも様々な声色がある。
その都度、声帯のコンディションと相談しながら
喉の どの部分を鳴らすとベストなのか、考えながら歌う。
使える声色、消耗する声色、薄い声色
強い声色、ツンツンした声色、諭す声色

これからも様々な声色を探していきたい。

—————————————————————–

昨日のLa.mama。ご来場いただいた皆さん。
嬉しく思います。ありがとう。

バイオリン向島さんとのデュオ。
端的に申すれば音色と声色のガチバトル、、、

とにかく向島さんの演奏って、ものすげぇ破壊力があって
向島さんと、やり始めた頃、とにかく食われないように。
すると歌唱が後手に回って、蛮勇ふるえず。。。
今もまだまだ追いつかない。というか、
向島さんの引き出しの半分くらい引き出せてるかなぁ?

たつのすけさん然り、松しょうさん然り、向島さん然り
いつも僕の歌を如何に引き立たせるかを、考えてくれて。
なんと素晴らしき、大人に支えられてる事か。
だから、より精進して、すすむのです。

サウンドチェック後、
向島さん『少し出てきます』と言い外へ。
楽屋で待つも、なかなか戻らない。
どこいったのかな?とメールするも返事来ず。。。
まぁ開演までには戻るだろうと、楽屋で待つ事にした。
ほどなく開演と同時に向島さんが戻って来る。
どこに行ってたか尋ねると、
『スタジオで2時間本番のリハしてきました。』
返す言葉みあたらず、一言だけ。
『今日は僕の真骨頂を見せます。』

そんなライブでした。

La.mamaのライブは特別です。
かならず何か持っていくので、見逃して欲しくない。
よろしくです。