10が5400

10が5400。

なんの数字か?

日本で10番目に売れたシングルCDの枚数が5400枚だという。

CD一枚1000円だとして540万

ダウンロードがあるとしても

閑古鳥、泣きっぱなし。

かといって、CD作る人減ってない気がする。

全盛期の90年代から、作品を世に出すトータルの枚数

ひとつ確かに、云えるのは、夢を抱く人。これは減った。

『音楽は金の為じゃない。』

みんなそう。

そりゃ聞こえが良いし格好いい。

それこそがロックだと思う。

才能とかじゃなく、常人には出来んわな。

わかりやすいドラマチックが好きなちょっと痛い奴。

リスクをリスクと厭わない奴。

今も昔もロックやってる奴なんてのは、そういった愛すべき奴ら。

けどさ、貧乏すぎて、餓死した音楽家聞いた事ねんだな。

ヒッピーになった奴ならいるけどね。

みんな、なんとか なっているんだよな。

本筋それた。

音楽産業の底辺をみた気がする。

その時代をどう捉えるかだ。

作品を記録(録音)するという事は

生きた証のようなもの。

けど、

同じ事をやったら、、、否、

同じ結果を齎せたら、アホ。

ただのアホ。

そう。

今までの俺。

超アホ。。。

超アホな俺

歌唱力か? 違うね。
表現力か? 違うね。
技術か? 違うね。

一生懸命、考えてるとこ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA